皆さん、伊東研究室のホームページにようこそ。本研究室を主宰している教授の伊東祐二です。我々の研究室では、ペプチド、抗体、最近では核酸を使ったコンジュゲート(連結)作製による最先端のバイオ医薬品の開発を行っています。

お知らせ・ニュース

  • 2020.7.25
    南日本新聞 「ATL治療薬候補を作製 鹿大大学院・横田さんら 国際専門誌に論文掲載へ」、抗CD70のADC研究
  • 2020.2.17
    日経バイオテク 特集「低分子抗体の本命はVHH抗体:CAR-T、BBB通過、経口薬も、武田薬品は3種のパイプライン導入」、伊東の研究紹介
  • 2019.10.1
    AMED先端的バイオ創薬等基盤技術開発事業 「完全ヒト抗体×ファージライブラリによる組織特異的移行性抗体AccumBodyの開発と次世代複合バイオロジクスへの応用」、研究開発代表者(2019-2023年度)*実施中
  • 2018.4.2
    AMED医療研究開発革新基盤創成事業「セラノスティクス概念を具現化するための創薬拠点整備を伴う、抗体等標識治療薬(アルファ線)とコンパニオン診断薬の開発」、研究分担者(2018-2021年度)*実施中

連絡先(事務)

TEL/FAX:099-285-8037

Email:itolab7@sci.kagoshima-u.ac.jp

Copyright © 伊東研究室
トップへ戻るボタン