鹿児島大学理学部同窓会のホームページ
2006年度の最新情報
第七高等学校造士館 第14回紀年祭歌
北辰斜に

「北辰斜にさすところ」の関連リンク



北辰斜めにさすところ”関連

鹿児島大学の寮歌公式ページ;音声あり

  • 北辰斜に
    :鹿大男性合唱団フロイデ・コールのページ内
  • 北辰斜
    :歌詞と楽譜紹介(本ホームページ内)
【ブログ・日記等の記事】
映画「北辰斜めにさすところ」関連
第七高等学校造士館の関連
私立大学の応援団
新制大学の応援団
その他の旧制学校の関連
寮歌に関する解説等
新制大学の寮歌・寮関連
  • 学生寮:『ウィキペディア(Wikipedia)』
私立大学の校歌・寮歌・寮関連
新制高等学校の校歌・寮歌
高等専門学校の校歌・寮歌
音楽配信・紹介のサイト
各種学校の校歌・寮歌
第七高等学校造士館出身の有名人

【東郷茂徳】1882年12月10日〜1950年7月23日

【石黒忠篤】1884年1月9日〜1960年3月10日

【新居 格】1887年〜1951年;明治43年英法

【佐野 学】1892年〜1953年;大正2年独法

【徳田球一】1894年〜1953年;大正4年独法

【周 仏海】1897年〜1948年2月28日;大正11年文甲

【鹿地 亘】1903年5月1日〜1982年7月26日

【中村正常】

【四元義隆】1908年〜2004年;昭和3年文甲

【花田清輝】1909年〜1974年;昭和4年文甲

【天本英世】1926年1月2日〜2003年3月23日

【川口幹夫】1926年9月26日〜

【飯干晃一】1927年6月2日〜1996年3月2日

巻頭言

流星落ちて住む處
橄攬の實の熟る
あくがれの南の國に
つどひにし三年の夢短しと
結びも終へぬこの幸を
或ひは饗宴の庭に
或ひは星夜の窓の下に
若い高らう感情の旋律をもて 
思ひのまに歌ひ給え
歌は悲しき時の母ともなり
うれしき時の友ともなれば
いざや歌わんかな北辰斜め

りゅうせいおちてすむところ
かんらんのみのうるるさと
あくがれのみんなみのくにに
つどいにしみとせのゆめみじかしと
むすびもおえぬこのさちを
あるいはうたげのにわに
あるいはせいやのまどのもとに
わかいたかろうかんじょうのせんりつをもて
おもいのままにうたいたまえ
うたはかなしきときのははともなり
うれしきときのともともなれば
いざやうたわんかなほくしんななめ


北辰斜に
一、
 北辰斜にさすところ
 大瀛の水洋々乎
 春花かをる~州の
 正氣はこもる白鶴城
 芳英とはにくちせねば 
 歴史もふりぬ四百年

一、
 ほくしんななめにさすところ
 たいえいのみずようようこ
 はるはなかおるしんしゅうの
 せいきはこもるはっかくじょう
 ほうえいとわにくちせねば 
 れきしもふりぬしひゃくねん

二、
 紫さむる黎明の
 靜けき波に星かぞへ
 荒涼の氣に咽ぶとき
 微吟消えゆくさつまがた 
 不屈の色もおごそかに
 東火をはく桜島

二、
 むらさきさむるしののめの
 しずけきなみにほしかぞえ
 こうりょうのきにむせぶとき
 びぎんきえゆくさつまがた
 ふくつのいろもおごそかに
 ひがしひをはくさくらじま

三、
 悲歌に耳藉す人もなく
 沈み濁れる末の世の
 驂鸞の夢よそにして
 疾風迅雨に色さびし
 古城の風に嘯ける
 健兒七百意氣高し

三、
 ひいかにみみかすひともなく
 しずみにごれるすえのよの
 さんらんのゆめよそにして
 しっぷうじんうにいろさびし
 こじょうのかぜにうそぶける
 けんじななひゃくいきたかし

四、
 南の翼この郷に
 三年とゞまる鵬の影
 行途は萬里雲わきて
 雄圖もゆる天つ日や
 かどでの昔叫びにし
 理想の空に長駆せん

四、
 みなみのつばさこのさとに
 みとせとどまるほうのかげ
 ゆくてはばんりくもわきて
 ゆうともゆるあまつひや
 かどでのむかしさけびにし
 りそうのそらにちょうくせん

五、
 あ
若き日の光榮は 
 今年十四の記念祭
 祝ふもうれし向上の
 旅の衣に散りか

 樟の下露Cらけく
 けふ南明の秋にして

五、
 ああわかきひのこうえいは
 ことしじゅうしのきねんさい
 いわうもうれしこうじょうの
 たびのころもにちりかかる
 くすのしたつゆきよらけく
 きょうなんめいのあきにして


【参考文献・引用文献】


累計 カウンタ 回目の閲覧です

ホームページにもどる  2006年度新着情報のページにもどる