鹿児島衛星、2010年に種子島から宇宙へ!(物理科学科)

研究紹介:鹿児島衛星、2010年に種子島から宇宙へ!(物理科学科)

鹿児島衛星、2010年に種子島から宇宙へ!

本学理学部・工学部・鹿児島高専の研究者および学生、県内企業の技術者らによる産学官連携グループが開発を行ってきた超小型衛星が、2010年にPLANET-Cの相乗り衛星として打ち上げられます。この衛星は、1辺約10cm、重量約1.5kgのサイコロ型本体に、太陽電池パネル、送受信機やカメラが装備され、集中豪雨予測を目指した大気水蒸気分布の観測やマイクロ波帯高速通信による地球動画撮影などを目的としています。

In 2010,
a made-in-Kagoshima satellite will be launched into space!

A very small satellite for atmospheric water vapor observations is under development by the Kagoshima Satellite Development Group. The observation system is composed of the satellite and a radio interferometer on the ground. The satellite is in the shape of 10- cm cube with a boom of 60 cm long, and functions as Ku-band radio wave radiator. The data observed with the system is expected to be used for the prediction of localized heavy downpours and thunderstorms. The satellite will be launched into space in 2010 as a piggyback satellite of the Planet-C mission.

超小型衛星