鹿児島大学が開発した人工衛星 K-SAT (ハヤト衛星)の打上げ(物理科学科)

研究紹介:鹿児島大学が開発した人工衛星 K-SAT (ハヤト衛星)の打上げ(物理科学科)

「ハヤト」衛星の打ち上げ

物理科学科の西尾教授を中心として鹿児島人工衛星部会(鹿児島大学地域共同が活動支援する鹿児島産学官交流研究会)が開発した人工衛星 K-SAT が5月28日にH-IIAロケットで種子島宇宙センターから打上げられ、衛星分離に成功し、「ハヤト」と命名されました。衛星は90分で地球を周回する軌道に投入されました。

The K-SAT, launched and named “HAYATO”

The K-SAT is the spacecraft developed by the Prof. Nishio in the department of physics. The satellite was launged on May 28 using the H-IIA launch vehcle from the Tanegashima Space Center and successfully departed into the orbit revolving the earth. The satellite was named “HAYATO” (Samurai in Kagoshima).