研究紹介:K-SAT(ハヤト衛星)の受信に成功(物理科学科)

「ハヤト」衛星の信号受信に成功

2010年5月28日に打上げられた人工衛星 K-SAT (ハヤト)からの信号を、6月1日に受信に成功しました。鹿児島大学理学部1号館の屋上に設置された交信用アンテナで受信した「ハヤト」衛星の信号が、スペクトルアナライザー画面に現われています。「ハヤト」衛星が出す25秒周期のパルス状電波のパターンが検出され、「ハヤト」衛星の電波と確認されました。衛星は90分周期で地球を周回し、鹿児島大学から交信できるのは4分間程度のパスが1日に3-4回程度と、限られた可視時間の中での運用です。

The “HAYATO” satellite alive!

The radio signal from the K-SAT (“HAYATO”) was detected, June 1, by the tracking antenna set on the top roof of the Faculty of Science, Kagoshima University. HAYATO’s radio spectrum appears in the spectrum analyzer. The signal shows 25-sec-period pulse pattern to be identified as the HAYATO’s signal. The satellite is revolving the earch in a 90-min period. Approximately 4-min minute tracking passes are available for 3-4 times a day.