数理情報科学科

数理情報科学科の紹介

学科概要

授業風景

数学は、真実をより深く理解し伝達するために発展した人類の叡知です。現代において、数学のもつ深く豊かな内容は自然科学・社会科学・工学等の諸領域で大いに活用され、さらにコンピュータの発展は数学世界の新しい局面を押し開いています。本学科では、こうした多面的で生き生きとした数学を扱い、学生の数学的思考力を育み、これを軸に数理科学および情報科学の知識と経験を深める教育・研究を展開します。学び、発見し、創造することの喜びを、学生諸君と分かち合って行きたいと考えます。

教育コースの説明

2年次後半から2つのコースに分かれます。 数理科学に関する科目を中心にして修得する「数理コース」と、 情報科学に関する科目を中心にして修得する「情報コース」の2つです。 両コースの内容は互いに補い合う形で構成されています。 最終学年(4年)次には、必修科目として「数理情報科学特別演習」(セミナー) があり、 各学生が希望する専門分野の教員の個別指導を受けることになります。

数理コース

諸科学との有機的な結びつきを考慮した数学の教育を目指します。内容としては、数学の基本的構造(代数学・幾何学・解析学)の探求、さらに自然科学や社会科学における諸現象の数学的・確率的モデルの解析とその理論が挙げられます。

情報コース

情報科学・計算機科学とそれを支える数学の教育を目指します。内容としては、情報科学の数学的基礎と計算機の理論的側面、さらに諸科学における問題を計算機を用いて解明する方法とその理論が挙げられます。

鹿児島大学理学部 数理情報科学科

  • 〒890-0065
  • 鹿児島市郡元一丁目21番35号
  • TEL 099-285-8049
  • FAX 099-285-8051