学部入試情報

教育目標

多様な科学的問題に対応できる幅広い課題探求能力の育成を図り、次のような人材の育成を目指す。

  1. 自然科学の専門知識と幅広い教養を併せもち、論理的科学的思考力を身に付けた人
  2. 2.学問の高度化や多様化に柔軟に対応できる、創造力のある人 3.社会性、国際性、学際性が豊かで、先端科学の知識と問題解決能力を身に付けた人 4.高い倫理観をもって人類の幸福と福祉に貢献できる人

各学科の教育目標

数理情報科学科

数理情報科学科では、数学および数学を基盤とした情報科学や統計科学について講義・演習・セミナー・計算機実習等を通じて学びます。情報科学や統計科学を含む高度な数学を学ぶことにより、創造的かつ柔軟な思考力をもつ人材の育成を目標にしています。

物理科学科

物理的な考え方を学び、それに基づいた洞察力・創造力・応用力を養います。また、実験や観測および理論的な考察を通した問題解決能力を高めます。それらを通して、広い視野と合理性を持ち社会に貢献できる人材を育成します。

生命化学科

生命化学科では、化学と生物学の基礎を修得し、物質の構造と機能を、分子レベルから生物固体レベルまで、総合的に理解する能力を育成します。また、講義、実験および卒業研究をとおして、課題に取り組む研究態度、問題設定とその解決能力、物事に創造的かつ柔軟に対応できる能力を育成します。

地球環境科学科

自然環境を理解する上での基礎科学として、地球科学、生物学、分析化学などの分野を幅広く修得し、卒業研究を通じていずれかの専門分野を深く探求する中で、論理的な思考を養うと共に、的確に情報を発信できる能力を育成します。