学部入試情報

ディプロマポリシー

理学部はこのような学生を育てます(ディプロマポリシー)

  1. 基礎的な科学的知識と技能を修得し、そして高い倫理観をもった社会人として教養を習得している。
  2. 数理的、科学的原理に基づいて対象の本質を分析し、実証的な調査・研究を通じて課題を解決することができる。
  3. 科学的な問題設定能力や自己解決能力をもち、幅広い学問的視野で対応することができる。
  4. 自らの論理的な思考・判断のプロセスや結果を説明するためのプレゼンテーション能力およびコミュニケーション能力を涵養することができる。

各学科はこのような学生を育てます(ディプロマポリシー)

数理情報科学科

  1. 社会人として必要な、社会科学・自然科学および語学に関する基礎的な知識と技能を習得している。
  2. 数学と情報科学を支える数理的な基礎理論を幅広く習得している。
  3. 数理的な基礎理論を高度情報化社会の様々な分野で活用するための、数理的な思考力・洞察力を習得している。

物理科学科

  1. 現代人として必要な自然科学に関する基礎的な知識と技能、および、自ら価値判断のできる社会人として必要な教養を習得している。
  2. 物理学の基礎知識を用いて、自然現象や機械装置の動作原理を説明できる。
  3. 実験・観測を通じて自然現象の特徴を抽出し、その背後にある法則を論理的に考察することができる。
  4. 物理学の考え方をよく理解し、それを様々な分野に応用し、幅広い問題に対応することができる。

生命化学科

  1. 社会人として必要な社会科学、自然科学および語学に関する基礎的な知識と技能を習得している。
  2. 化学と生物学の基礎知識を用いて、物質・生物の性質や機能を説明できる。
  3. 化学的、生物学的な現象を観察し、その結果を論理的に考察して説明できる。
  4. 分子や生物に関する知識・理解を基に、研究分野への発展的応用を模索することができる。

地球環境科学科

  1. 人類及び地域社会が抱える自然環境に関する現実的課題に対して問題意識を持ち、問題解決へ向けた実践的能力を備えている。
  2. 地学、生物学、化学の各分野に関するバランスの取れた基礎学力を持ち、同時に地球科学、野外系生物学、無機分析化学などのいずれかの基礎科学分野において深い専門知識と技能を有する。
  3. 各専門分野の講義に加え、野外活動を重視した実習や室内実験・演習などを通して、地域の地質、動植物、海洋、化学環境などにじかに触れることにより、専門的職業能力を有する。
  4. 卒業研究やゼミナールなどを通じて、科学的な問題設定能力や解決能力を持ち、調査・研究成果を的確に発表できるプレゼンテーション能力を有する。