少人数教育

教育紹介:少人数教育

数理情報科学科での教育の最大の特徴は,セミナー形式の少人数教育で、1年後期と4年前・後期に受講します。1年後期のセミナーでは,学生6から7名程度のグループに対して,1人の教員がつき,数学の勉強の仕方と、専門書の読み方を学びます。4年次のセミナーでは、学生3から4名程度のグループに対して1人の教員がつき、専門書や論文を正しく読み、その内容を正確に人に伝える訓練をしながら、数理科学的な問題の解決方法を学びます。

また、正規の授業とは異なりますが、授業の空き時間を利用して学生が自主的に行うセミナーを開催することができます。相談次第でそのようなセミナーでも教員の指導をうけることができます。

1年生セミナー

4年生セミナー