理学部について

理念・教育目標

理学部の理念

「理学」は、自然現象の中に潜む真理を探究する学問であり、そこで明らかにされた自然法則は人類の英知や文化の中に蓄積され、科学技術の発展を支えてきました。こうして現代社会は豊かなものになりましたが、豊かさの裏では環境やエネルギーなどに関する新たな課題も生じました。このような問題を解決するためにも、真理の探究と共に、物事の原理を基礎から理解する「理学」のさらなる進展は不可欠です。鹿児島大学理学部は南九州という自然に恵まれた地理的特色を生かしながら、基礎科学を中心とする自然科学の最新の教育・研究を進めます。

理学部の教育目標

多様な科学的問題に対応できる幅広い課題探求能力の育成を図ることを目標とし、次のような人材の育成を目指します。

  • 自然科学の専門知識と幅広い教養を併せもち、論理的科学的思考力を身に付けた人
  • 学問の高度化や多様化に柔軟に対応できる、創造力のある人
  • 社会性・国際性、学際性が豊かで、先端科学の知識と問題解決能力を身に付けた人
  • 高い倫理観をもって人類の幸福と福祉に貢献できる人

学科の教育目標

数理情報科学科数理情報科学科では、数学および数学を基盤とした情報科学や統計科学について講義・演習・セミナー・計算機実習等を通じて学びます。情報科学や統計科学を含む高度な数学を学ぶことにより、創造的かつ柔軟な思考力をもつ人材の育成を目標にしています。
物理科学科物理的な考え方を学び、それに基づいた洞察力・創造力・応用力を養います。また、実験や観測および理論的な考察を通した問題解決能力を高めます。それらを通して、広い視野と合理性を持ち社会に貢献できる人材を育成します。
生命化学科生命化学科では、化学と生物学の基礎を修得し、物質の構造と機能を、分子レベルから生物固体レベルまで、総合的に理解する能力を育成します。また、講義、実験および卒業研究をとおして、課題に取り組む研究態度、問題設定とその解決能力、物事に創造的かつ柔軟に対応できる能力を育成します。
地球環境科学科自然環境を理解する上での基礎科学として、地球科学、生物学、分析化学などの分野を幅広く修得し、卒業研究を通じていずれかの専門分野を深く探求する中で、論理的な思考を養うと共に、的確に情報を発信できる能力を育成します